リフォームすれば査定額は上がる?

長くマンションに住んでいると部分的に修繕が必要になったり、また最終的な売却を前提に大規模なリフォームを行う場合があります。
またマンション買取の工程が最終的に業者が買取った後に、リフォームされることが前提にあるのであれば、最初から売主がリフォームして売りに出すことで、業者からの評価が高くなり、より高い査定額がもらえるのではないかと過剰に期待してしまいがち。
確かにリフォームをすればマンションとしての資産価値は向上しそうに思いますが、マンションのリフォームというのは売り主がやっても結局は売主の住みやすいような改築になってしまうため、買取後に再販される新たな買主のニーズを的確に掴んだリフォームではないため、マンション査定時の買取価格も低くなってしまうようです。
家売却またリフォームには数百万単位で費用負担も発生するため、それも含めた買取費用を要求すると希望価格で買取ってもらえないことがあります。
最初にも言いましたがマンション買取価格の基本は二束三文であり、最初から高い価格で買取ってもらえることは期待してはならないのです。
不動産売却そう考えると、高く買ってもらうためのリフォームというのはいかがなものかと思いますし、必ずしも高く買取ってもらえる保障はないのが実情。
マンション買取業者はリフォームされた部屋よりも、されていない箱を求めます。
そうであるならば現状のまま査定に出したほうが、最終的に損もなく手元に残るお金が多くなる場合があるのです。

MENU